今日は毎朝の4コマに加えて、週末でただでさえ予定ない、のに雨で桜も散る、てか今年も花見とか全然せんかったな、みたいな気持ちを慰めるべくキョンキョンのあなたに会えてよかったを聞きながら、友人と日光江戸村へ行った時の日記を書いています。


今日のしょうもない4コマ【膨満感】 


どうでもいい話なのに長くなったので二部制なんぞにしました。第一部出発編はコチラ↓
しょうもないブログ【日光江戸村へ行ってきました①】 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
と、言う訳で続けます。





雨の中出発した我々一行は日光江戸村にダイレクトに向かいました。





道中、高速道路を走行中は一時雨が強くなったりもしましたが、かねてからリサーチしていたちょっとええとこのパン屋のパンを食べたり90年代初頭のCD全盛期に流行った曲などをグロリアスしていたら、現地に着いた頃にはすっかり江戸村日和になっていました。こちら到着時の写真です。ご確認下さい。












1

どす黒い空、旅感ですよね(^-^)写真の下側を多くとる構図、玄人ぶってる感じがイラっとしますね。(自画自賛)






でも、雨は上がってるし、私の心拍は上がってるし(入場料がまぁまぁええ値段するという意味で)、アゲアゲでいいね!という事で全然萎えることなく村内へ入場します。





と、ここで1点、わたしずっと「日光江戸村」が正式名称だと思っていたのですが今現在は「EDOワンダーランド日光江戸村」みたいです。

edo
(EDOワンダーランド日光江戸村公式サイトより:http://edowonderland.net/about/)

場内なのか、村内なのかどっちで書き進めて行けばよいものかと調べていたんですが、どっちも間違いではないけども押しは「EDOワンダーランド」やで☆と、解釈したので活字のリズムで自由に書いていきたいと思います(^-^)色々あるんだな~。






さて、そんな疑問も入場料でカードと共にこすり切っていよいよ村内へ突入です!関所を通過し、まずは村の手前でパシャり☆

6

 写真の下の方を多く取る構図ですね。イラっとしますね。






私たちが着いたのは昼前でしたが、場内には沢山のお客さんがいました。外国の方もさすがに多かったです。そんな光景に○○の一つ覚えの様「歌舞いてるね~」を連呼するわたくし。気を良くして1枚写真を撮ってもらいました。






「どうもご無沙汰しています、サミコです。」


24


ほとばしるPTA感。斜に構えた撮られ方に「あとでブログに上げよう」感がにじみ出ててイラっとしますね(^-^)何の特徴もない場所で撮る写真はたいがい1枚目説。









わかったわかった、じゃここでもう一回撮ってよ。ね。




3











や、だからどこ!
 






いい加減覚えて欲しいですよね。







わかりやすいとこで撮れ。 





次に生かしたいと思います。







場(村)内では、観劇したり、アミューズメントしたり(そういう館で体動かす的な)グルメに舌鼓を打ったり、お土産で木刀買おうとして「中学生か」というお決まりのくだりを2か所の越後屋的な所で繰り広げお店の人を軽く引かせたりしてだいぶ楽しみました。







全部面白かったんだけれども、お土産としても持って帰れた達磨の絵付け体験っていうのが500円できて、神社仏閣、縁起物大好きな私としてはすごく楽しかったのでイチオシ!とご紹介したいと思います。






達磨はこんなのを貰えて、それにほんと自由に絵を描いてオリジナルの達磨を作って持って帰ろう!っていうもので。↓これ白い達磨(写真無くてイメージ加工)
daruma






見ての通り、だいぶ導きの少ない、なんて言うかツルっとした達磨が来ますので、正直ね最初困惑しましたよね。「おでこ、どこからやねん」ですとか、「前髪これ?リーゼントって事?」ですとか、一筆目が中々入れらないんですよね。なので、店内にあった達磨とネットの達磨を見ながら書くことにしたんですけど、そこでもまた疑問が沸いたんですよね。








達磨って目の玉入れたっけ。








ここで私の中途半端な仏閣好きが仇になるんですよね。中途半端な知識しかないんで、何かが成就したら目を入れる、であるとか、地域によって最初に入れる目の位置が違うなど、色々疑問が出てきてしまったんですよね。







ちなみに、これは私がヨドバシ秋葉原でガチャっただるまみくじなんですけど。
securedownload

そうそう、だいたい達磨ってこうですよね。で、私これをゲトった時は確か両眼白かったんですよ。で、後から自分の都合に合わせて黒目のシール貼ったな、って思ってる矢先に、次のEDOショー観劇の時間が10分後に迫ってるって事に気づかされて、「そっかじゃぁとりあえず目の玉は入れずに家に帰ってからちゃんと描こう」て所に落ち着いたんですよね。で、出来上がったのがこちらになります。ご確認下さい。














14


白目っ。










白目白目、と思って夢中で手を動かしたら何かこんな風になってて、なんていうか、パタリロとガラスの仮面の大ファンで良かったな、良かったのかな、やっぱり良かったな。と思いましたね。脳内では「美しさは罪~」と、あの名作エンディングテーマが鮮明に流れていました。







昼前に着いてから、閉館(村)の17時まで団子しか食べずはしゃぎ切り、このパーク(村)はめちゃめちゃ楽しめると確信した頃ようやく彼に会う事が出来ました。そうです、彼です。






ニャンまげです。
securedownload (2)

余白を多くとる構図、閉演までテク出したい気持ちが抑えられなかったようですね(^-^)本撮影:ハゲ


 


「わーい、ニャンまげや~!写真、写真撮って下さい!あの、喋れる?あ、無理?あ、口に穴無い?」




これに至るまでに館内で体感した様々なものにニャンまげが関与していた事もあり(詳細は長くなるので割愛)テンションの押さえが効かくなったアラサーですが、何とかニャンまげと写真を撮る事が出来ました。こちらがその証拠写真です。ご確認下さい。(友人はプライバシー保護の為バッサリ切っています) 




↓ 

15-1
 
かわいいっ、やっぱりパーク(村)の人が撮ってくれたら無駄に余白空けたりしないから思い出が真正面に出る!思わず私までニャンまげポーズです(^-^)









この写真を最後に時間はぴったり17時になり、館(村)内には蛍の光が鳴り始め、後ろ髪惹かれる想いで村を後にしていくのでした。帰りには武士の皆さんが「さらばじゃ」と最後までキャラブレさせることなくお見送り下さり、花魁さんも町娘さんもまるで家路につくかのように街を歩く演出、ああ~よかった、ほんとに・・・来て・・・ん?







ちょっと待った。








大事な事忘れとった。







みなさん、お気づきでしたでしょうか。今日の旅のテーマは?そう、「未来から江戸へのタイムスリップ」です。








ちょっと時を巻き戻します。



ニャンまげと仲睦まじく写真撮影するわたくし。
15-1



仲睦まじく
15-2


睦まじ・・

15-3


15-4



これ、未来の猫型ロボットだなぁ!!!!!!(カミナリのツッコミ風に)


 



え、じゃぁ、何?






この時も
24

この時も

3


このお侍さんにわざわざ撮影前に「頸動脈思いっきりやってください」って口添えして撮って貰ったこの時も
18-2


この偶然を装ってさりげなく男の腕を触ってやった時も
5-1



ずっと未来から着(来)てたんか~~~~~!!!!!!!!!!


15-4
か~
か~
か~
か~
か~










江戸村ええとこ、一度はおいで。
ー完ー





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いや~後半畳みかけた。最後まで読んでくれたみんなありがとう(^-^)描けた☆





江戸村の皆さんは未来から来た猫型ロボットTを着ていようが絡みが尖ったナイフみたいな子供だろうが、江戸の人間であるというコンセプトから一切外れず接してくださいます。時間を忘れて閉館時間になったのがその証拠だと思います。





気の合う仲間と行くという事もさることながら、その楽しさを倍増させてくれるEDOワンダーランド日光江戸村、みんなもぜひ行ってみてね~☆





長くなったわ。ここまで読んでくれたみんなありがとう☆たま~にまたこういうの書いてみるね。もしかしたらライブドアから「え、サミコこういうやってみましたレポもいけるくち?じゃちょっと仕事頼んでみようかな」みたいな事になるかもしれないですしね。(^-^)圧



ともあれ、時々は出かけよう!(^-^)そして明日からまたしょうもない4コマ描くから暇なら来てよね~☆



今日のしょうもなさ思い出す↓
今日のしょうもない4コマ【膨満感】 





また不定期にUPされた際に見たいぜ☆なんて方はこちらもあるよ。


 


ふへ~!じゃぁ、また明日ね☆


よい4月の雨の日曜の夜、過ごすでござる~!


ハバグンナイ☆


サミコ


#猫