1691









沈黙に漂う紳士の吐息かな。






心の中の「ファン…」ってなった香って来たときの感じ。誰もわたしも顔色一つ変えず、くせっと心の中だけでひっそりと収束させる感じが、ああ、大人になったんだなあ、とじんわり来たんですよね。
*******************************************************
今日も安定の表現力下の中、でお届けします。もうこれで5年来ましたので、ここからのレベルアップはありません。ご安心して明日もちょすりに来てくださいね(^-^)

←こちらぽちんで、明日もあなたのしょうもない心の隙間にギリ足りない程度のものをお届けします!




ここ最近は、サミコフェチなどというレアな方がいるという事知り、それらの方を個人的に『激レアさん』と崇め祀っていますよ(^-^)二礼二拍手でいいですか?いつもありがとうございます!へらへら今日も行きましょうね。

では今日もぶへはばないぶへすぶへでー!


↓昨日までのしょうもない4コマ達
しょうもない4コマ群 



↓どうでもいいけど毎朝連絡クル読者ボタン
 ノリで!


↓何かこれも。
 ノリダーで!


そんじゃまたね~☆


サミコ