サミィ・チャンのしょうもない日報『サミコライフ』

だいたい毎日しょうもない日報を低めクオリティの4コマ漫画で配信中☆

2018年09月

KUソが!ってなっちゃった(^-^)容易に倒れるやないか筒!大人気ないと思ったけど机ダーン!ってしましたよね。鬼みたいな顔してたと思うし、あー一人でよかった!泣***********************************************花*花でも歌って元気だーそうっと。←あーよかったな、読者

つづきを読む

5分で運転再開しちゃって。何のアナウンスやねん!普段ならじっとしてるサミコも流石に30分は・・・って珍しくポジテンしたらこれですよね。ったく本当にやっぱり説明できない何か力に弄ばれてるようにしか感じられないですよね。ええ運動になった。ってめっちゃ無理して大

つづきを読む

苦いもの噛んだあとの甘味ほどの甘さ。ずるみ(^-^)ツンと帰ろうとしたんだけど、パイセンから言われた言葉思い出したのかな若い配達員の方。もう一回戻って来て帽子取ってキメの文言放って帰った。なんて言うんだろうか、アラフォー弱いよ、頭からお尻まで100点の子より、そ

つづきを読む

爽やかに、でも絶対謝らんスタンス(^-^)確かにスッと受け入れて、さっと返してしまえば揉めにくそうだもんね。しかも謎の「ありがとう感」すら感じましたからね、もはや私は「まんまと」なのだろう。でも爽やかであっさり済んでよかった(^-^)とそれより元より衝動買いを控え

つづきを読む

結局なんとなくいい話っぽくディスられた。でも、自分がしたことらしいんだけど、ちっちゃい子が母の荷造りしとくって相当可愛いな。健気というか好かれたい一心というか、もしくは役に立ちたいか。仕草が可愛いよね。きっと。タイムマシンみたいなのがあったら言いたいな。

つづきを読む

広い意味の「苦しみ」を想定してのそれだとしたら、あたし、一生この歯科通っちゃう!もう耐え難い鈍痛。信じられないほどの鈍痛。これがほんとの鈍痛かと言いたくなるほどの鈍痛(もはやここまできたらお気づきでしょうが、鈍痛言いたいだけ)とにかくもうちょい耐えてみる

つづきを読む

完全にパンプ兄さんの話してると思ったら途中からジェットコースターの話になってめっちゃ恥ずかしかったよ。U ・S・J!カラオケのくだりからパンプ兄さんの話だとすっかり勘違いしてしばらく噛み合わん会話をしていたサミコ。一回り以上の年の離れたヤングトラベラーにパチ

つづきを読む

泣くか受け入れるか怒るかの三択で割と勝率が高い。そして親たちからは鉄板のある意味ではやや自虐的な含みも持ちつつ長く愛されている自己紹介なのであった。********************************************たまに「え?もう一回」っていう賢い子供からの地獄みたいな返しが

つづきを読む

※ゆうぞうと言う字に誤り有り。ごめんなさい、グッチさんレシピそっちのけでグッチさんやったかどうか思い出そうとすんのやめて。結局思い出さんかった上に「大坂なおみちゃんはだいぶ前から他と違うと感じていた」トークに切り替わったのでいつも通り、このDNAが私にもなが

つづきを読む

違うわ、はよ仕事しろ。自分がサボって居た事を圧倒的に自然せいにサラッとしちゃって我ながらぞっとしましたよね(^-^)全然夜までグータラしてました。なんならハーゲンダッツ食べてたもん。いっけね。働け、わたし(^-^)*********************************************ちょっ

つづきを読む

今着てるパジャマよりパジャマみたいな制服作るとこやった。リラコよりもリラコなシルエット光らせちゃって。だいたい、毎回「閃いた」とか言う時はろくなことを閃かないサミコなのでありました。(でもネタになってそれはそれでナイスファイ、と自分をあげてみたりもできる

つづきを読む

情緒的な物も全部総称してホルモンに転嫁する女。ぐっと来る〜最近すぐに目頭が熱くなってしまうサミコですが、先日はというと仲良しの友達宅に誕生したベビ子を見て首が座ってるという情報だけでひと泣きできるほどでした。ほんと、普段から女ホル出してないと、たまに扉開

つづきを読む

横着な健康志向、超矛盾系。でも、まさかのこれが意外にいい仕事してるという現実。毎日それをみるだけでとりあえず自炊しようというスイッチが入るんだから、それだけでなんかいいかなって思ったりしている。結局何よりも浅はかなひらめきが勝るサミコなのであった。*******

つづきを読む

久しぶりよりも優先される、歌姫の引退。ああ、名残惜しす。すごく久々に友人と会う時にいつもなぜか何を話せばいいんだろうという緊張が走りがちなサミコ。でも、昨日に限っては唐突にしかし猛烈に緊張などぶっ飛ばして「あの頃」トークに花を咲かせる事が出来た。やっぱり

つづきを読む

もう売ってないんだってね。知らぬ間にほぼ絶滅しつつある板ガム。近所の駄菓子屋で何とか見つけたけど、もう最近は粒が主流なんだってね。長らく噛んでいなかったから知らなかったよガム事情。でも、わたしも好きだったな〜20円の玉のガムとか。100円でいかにナイスな駄菓子

つづきを読む

↑このページのトップヘ